So-net無料ブログ作成
検索選択
考えること ブログトップ
前の10件 | -

人生はいつからでも新しく始められる [考えること]

週末のピプノセラピークラスの後、
堀口紫先生のお宅にて懇親会。

去年も大人のお雛祭りで招待いただいたのだけど
眺めが良い素敵なマンションです。


紫先生の手作りのカップケーキ!
美味しいーーー(≧∀≦)


IMG_7347.JPG

私が去年運命的に出会ったのが
こちらの堀井恵先生。

今でこそ日本ではコミュニケーションスキルとして
有名なNLPだけど、
実はこの堀井恵先生がアメリカで出会って、
初めて日本にNLPを導入した方。

ずっと専業主婦だったのが、
47歳の時にNLPに出会って、勉強し、
そのうちトレーナーになり、
そして57歳の時に日本で会社を設立!

57歳ですよ!!
凄いチャレンジですよね!!


この日はささやかに堀井恵77歳の喜寿と、
会社設立20周年をお祝いしました。

IMG_7355.JPG

IMG_7372.JPG

亡き母と同じ年!
うちの母もかなり若々しかったけど、
堀井恵先生の若いこと!!

57歳からでも会社設立して
未だに現役で登壇されている姿を見ると
人生はいつの時点でもやり直しがきくし
いつからでも新しい人生を始められるの、
としみじみ思います。


結局、
もう年だから、とか
今更やっても、とか
私には無理、とか
時間がないから、とか
お金がないから、とか
スキルもキャリアもないから、


全て言い訳なんですよね。
新しいことして失敗したくない
未知への恐怖の言い訳。


どんなに大変な状況でも
必ずあなたの夜明けが来るし
(写真は夕暮れだけど笑)

IMG_7350.JPG

どんな夢も叶えられる!!!


IMG_7373.JPG

あなたの人生が

最高!!生きてて良かった!

と思えるような人生を創っていきましょうよ!


IMG_7342.JPG
*****************

☆新崎香織公式blogはこちら

【kaori流楽しく美しく生きるコツ】
無料メルマガはこちらから⇒https://goo.gl/Uzt0pD

【LINE@お友達になりましょ(*´∀`)♪】
http://line.me/ti/p/%40kaoriarasaki
ID検索は「@kaoriarasaki」


 興味ありましたらFacebookもご覧ください♪

☆mimiこと新崎香織のFacebookページ
(フィード購読歓迎いたします)

 *お友達申請の場合は「mimi blogを見た」
と一言メッセージいただけますと嬉しいです!

nice!(2) 

ゲーム機って持たせる?持たせない? [考えること]

最近、ゲーム機について「持たせるべき?持たせたくないけど…」

という話がママ友との間で盛り上がっています。

うちは持たせない派。

それに関して思うことを書きました。

こちらをご覧ください(^-^)


nice!(2) 
共通テーマ:育児

母が永眠しました [考えること]

ちょっとblogをお休みしていました。




先月の10月20日に母が亡くなりました。
享年76歳。


私達家族にとってあまりにも素晴らしいタイミングで
旅立ったのが、最後まで母らしくて、、、、

こんな時でさえ
母は人に迷惑をかけないようにするんだなぁと
その去り方のあっぱれさに
最後まで感心させられます。


母について思うことは沢山あれど

今はまだ書けないかな。。。



そのうちぼちぼち書いていこうと思います。



私達家族にとって
この1年は怒涛の1年で、
振り返るとあっという間に
母がこの世から居なくなってしまいました。



でも、
と同時に
とても濃い濃密な時間でもあったと思います。


母の闘病生活は
本人にも私たち家族にとっても辛く大変だったけど
そのお陰でお互いを、
母と自分だけでなく
自分と家族全員と向き合える
素晴らしい時間でした。


嫌なこともあったし
争いもあったし、
沢山泣いたけど
でも笑ったことも
何にも代えがたい貴重な時間も沢山ありました。



私のバイブル本でもある
「神へ帰る」という本に

「死はその人の死を知る全ての人の課題に役に立つ。」
ということが書いてあります。

母の死が私に人生の課題(アジェンダ)に
大きな大きな影響を及ぼしたことはいうまでもありません。


母はこの時期に、
こういう病状でこの世を去る、
ということを決めていたんだな、


最近しみじみと感じます。



死は、遺された人には悲しいですが
去っていくものには

<喜びでしかない>

ということも
感覚的に分かったことが私には大きかった。


だから、
私は今そんなに悲しいわけでもなく
母がいつも傍にいてくれるのを感じます。


母は祖母(母の実母)が他界した時
「ママは寂しくないの。おばあちゃまはいつも傍にいてくれるのが
分かるから」
と本当に悲しくなさそうに微笑んでいて
その時は悲しんでいる私の為にそう言ったのだと思ったけど
今は本当にそう感じていたと思います。

スピリチュアルを否定していたのに
母は心底スピリチュアルな人だったのだなぁと。




もう実物と会うことは出来ないけど
母と共にいる、

そんな感覚をずっと持って
私もこれから生きていくのだと思います。







nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

信じらない変化!! [考えること]


連休は旦那さんが出張で居ないので

雨模様だし、元気ありあまっている男子3人どーーすんの(´Д`)??


と困っている自分にハタと気づいた!


前は週末母子家庭なんて当たり前で

普通に過ごしていたのに

このライフコーチの仕事を始めてから

ほとんど週末を旦那さんにまかせっきりだということに。


改めて旦那さんに感謝です。。。(*´∀`)


前は旦那さん、ご飯作るなんて絶対なかったのに

今は私が朝出て、家族の朝ごはんさえ作らず出るのに


朝昼晩のご飯を作ってくれ、
お風呂の支度と子ども達を入れて
洗濯~乾燥~たたみまで一気にやってくれる。


帰ると綺麗な状態で迎えてくれる。


数年前は絶対絶対そんなことになるなんて信じられなかった。



そんな奇跡的な状態になったのも


「すべては自分の最適を選んだから」


と確信しています。


自分にとっての最適。

本当にやりたいことを選択すると、


まるで魔法のように周囲が良い方に変わっていきます。



これは私だけでなく

私のクライアントさんも同じ。



もうね、本当に魔法がかかったとしか思えない。


そんな変化を見るのは至福の喜び。




さて、どんよりの日曜日。


父方のもうひとつのお墓へお墓参り。



旧暦の1日と15日にご先祖様にお参りすると

強力なサポートを受けられるそうです。


お友達の陰陽師に聞いたところ、


<お願いごとは神様でなくご先祖様に>


ということなので沢山お願いごとしちゃった~~(*´з`)


来た早々願い事して欲張りな子孫だと思われたかしら??








**************

 興味ありましたらFacebookもご覧ください♪

☆mimiこと新崎香織のFacebookページ
(フィード購読歓迎いたします)

 *お友達申請の場合は「mimi blogを見た」
 と一言メッセージいただけますと嬉しいです!


☆新崎香織公式blogはこちら

 ☆メルマガ登録はこちら



nice!(0) 

本当にありがとう~(*´∀`)♪ [考えること]

blogを再開するにあたり、

もうほとんど読まれてることないだろう、
と思ってアクセスを調べてみたら、


な、な、な、なんと!!!


平均なんと800人くらいの人が見に来てくださってる!

わお!!!(゜ロ゜;ノ)ノ

そりゃーね、
一時期の15000pv/日なんてこともあったけど

今はまーったく更新してないのに
ほぼ平均的に800人の方が見てくださってる…

と思ったら
もう涙涙です…(/_;)

毎日毎日走り抜けるように過ごしていますが

日々感じることや、
シェア出来るようなことがあったら
更新して行こうと思います。


いつもありがとうございますー!











**************

 興味ありましたらFacebookもご覧ください♪

☆mimiこと新崎香織のFacebookページ
(フィード購読歓迎いたします)

 *お友達申請の場合は「mimi blogを見た」
 と一言メッセージいただけますと嬉しいです!


☆新崎香織公式blogはこちら

 ☆メルマガ登録はこちら

nice!(1) 

夢を視覚化させると実現する [考えること]


[ぴかぴか(新しい)]ずーっとまたいつか行きたいと思っていたフィレンツェ。


いつか子連れで行けたらいいな~、と思って
キッチンの壁に雑誌の切りぬきを貼っていました。

日常の生活の中でたまーに写真を眺めつつ、
また子供達がまた小さいので
大人社会のヨーロッパに連れていけるのは当分先だろうなぁと思っていた。

でもいつか絶対行くぞ!と。

以前イタリア旅行計画して、ホテルもエアーも予約して、
ワイナリー見学も日本から予約して。

そしたらピロがお腹に宿って、時期的に初期だったのでイタリア断念。

ピロが成長し旅慣れてきたのでようやくヨーロッパ連れて行けるかな?と思ったら
今度はテオがお腹に。
また振り出しに戻る。。。

そんな時に

「でもでもいつかはフィレンツェに!」と貼ったこの切り抜き。


(だいぶ年季入っちゃってますが^^;)


貼ったことすら忘れて(毎日見てるけどもう意識もしなくなった頃)

あれ?

あ、私もしかしてもう実現しちゃってるじゃない[exclamation&question]

と気づいた。

しか~も。到底無理と思っていた年齢の子ども2人連れて、
おまけにお腹パンパンの妊婦で[exclamation×2](笑)

引き寄せの法則系の本に書いてある、
「やりたいこと、なりたい自分、住みたい家などのイメージを写真でボードに貼っておく。
  ↓
ある日、それが実現されていることに気付きます。」


というのがまさにこれでした[目][exclamation×2][ぴかぴか(新しい)]
我ながらビックリーーーーーー[exclamation×2]

ニース滞在中の旅行だったけど、「ずっとフィレンツェ行きたかったから今行くんだ!」
という感じではなく、
「ニースってイタリア近いよね~。なら自分のお誕生日祝いも兼ねてイタリア行っちゃう[わーい(嬉しい顔)]??
行くなら飛行機で行ける都市がいいな~。ローマと、ついでにフィレンツェ。」
みたいなノリで(笑)。

この時自分でキッチンに写真を貼っていたことなどす~~っかり忘れていました。

でもきっと毎日見ていたのでこれが脳裏に焼き付いてて、
自分で自分に指令を出していたんだと思います。


iphone/image-20150124110300.png

iphone/image-20150124110442.png



iphone/image-20150124231513.png

image-20150124231333.png

iphone/image-20150124231228.png

子連れのフィレンツェは観光とか全て子ども達に却下され、
美術館すら行けず、しかもテオ発熱するし、期待通りではなかったけど
かえって自炊したり普通の生活を体験出来たのがとても楽しかった[るんるん]

ああ~夢のようだったなぁ~。

今度はどこの写真貼ろうかな~[ぴかぴか(新しい)]


nice!(0) 

ホメオパシーって効くの ? [考えること]


普段から出来るだけ薬や病院に頼らない生活を目指している私。

人間は素晴らしい自然治癒力を持っているので、
その感覚と力を最大限に活かしたいと思っています。

普段からハーブティー、漢方、そしてハーブや薬膳料理、
薬膳とまでいかなくても日々の和の食材で健康を保てるように意識すること、
生活リズムそのものを健康的なものにすること、
五感を大切にして、自分の体や心の声に正直に向き合うこと、

などなどを心掛けています。

お蔭様でこの数年は親子共にほとんど病院に行かずに済んでいます。
(もちろん心配な症状が出た時は専門のドクターに診てもらっていますが。
 自己判断は危ないですからね)

で、最近愛用しているホメオパシーのレメディー。
フランスやイタリアでは当たり前のようにみんな持っているし
単価も安いので、ここぞとばかりに多量に購入しておきました!



image-20140225215904.png

じゃーーん!

買いすぎだろーーー!というくらいな量(笑)。
たまたまふらっと入ったホメオパシーを重視している薬局がとても雰囲気がよくて
買いたいリストを提示したら、
「あらら!ないものもあるわ!急いで取り寄せるので明後日また来て!」と言われました。
(Parisの薬局で)

実は滞在していたアパートから遠く、エッフェル塔の近くで
観光がてら来たのでまた来るのはな~~と思いつつ、
とても熱心で誠実な感じのオバサマだったので再度来ることに。

お約束通りきちんと揃えておいてくれました[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

 (フランス人だと「これはうちにはないわ。」以上!
 みたいな態度をとられても不思議はないので実はすごい感動した~~~!)

image-20140225215919.png

こちらは日本を発つ前にドイツのマリエン薬局から取り寄せた救急セットです。
これらはフランスでかなり活躍しました!

かなり専門的な知識がないとピタッと当たるレメディーを探すのは
難しいのですが・・・、大抵がホメオパスに相談する余裕がない場合が多いので
色々本やネットを駆使して、あれでもない、これでもないと試しています。

色々やっていて人によって効く効かないもあるんだな~と発見したり。
症状にピタッと合うと嘘のように改善されるし、
そうじゃないとなかなか当たりのレメディーが見つからなかったり。

子供で言うと、ピロはかなり素直に効くタイプ。
テオはなかなか難しい~[たらーっ(汗)]

私が彼にぴったりのレメディーを探せてないのが原因なのかもしれませんが。


ずっと使っていて

「おおおお!これはすごい!!!」と感動したケースがありました。

それは私が帰国してすぐ、お料理をしていた時に爪の真ん中あたりまで
ザクーーッとスライサーで指を切ってしまった時のこと。

フランスでスライサーを使用していなかったので、久々に使ったせいか、
力加減が分からずに、それはそれは派手に切ってしまったのでした[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

血がすごい勢いで噴出して、家族全員真っ青!
(旦那さんは怖がって他の部屋に逃げるほど。こらーーーーー[ちっ(怒った顔)][パンチ]!!)
さすがの私もビックリしました!

でも週末の夜だったので、救急行くこともないなっと思い、
急いで怪我に良いと言われるレメディーをかたっぱしから飲みました。

出血を止めるもの
痛みを軽減するもの
ショックをやわらげるもの
化膿を防止するもの
皮膚の再生を促進するもの
などなど・・。

その時は正直効くのかな?
やっぱり救急に行っておこうかな、などと少し弱気になっていた私。

でも面倒くささ(果てしなく待たされる救急。しかも専門の先生じゃなかったり)が
先行して結局行かず。
化膿したら行こうかなという結論に。

爪が半分剥がれていたし、見るのも怖いのでカレンデュラのクリームを塗って
包帯をグルグル。
そして定期的にレメディーを飲み続け・・・。

翌々日くらいにはアラ、不思議。痛みがなくなっていました。
そして1週間後に怪我の様子をよく見てみたら・・・

image-20140225215843.png

信じられない回復っぷり!!!!
爪がちゃんとくっついている!!!

いや~~ビックリしました!

image-20140225215947.png

そしてまたその数日後。
ほとんど治ってます[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

私の年齢であの深い傷を負ったら、回復に1か月は余裕でかかるところ。
なのにあれよあれよと回復したので、
この時初めて

「ホメオパシーってすごい[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]」と感動しました。

きっと私の選択したものが症状にピタッと合ったのでしょう。
もちろん合わずになかなか回復しないこともあります。
(普通の風邪とか)

一般の薬と違って副作用がないので(好転反応などはあるようです)、
子供にも飲ませられるし、症状に合ってなくても効かない、というだけで
他の害がないので安心なのです[わーい(嬉しい顔)]

本当は時間と気力(とお金!)があればちゃんと学校に通って勉強したいんだけど。。。。

今のところは独学で頑張らねば~。



 


nice!(2)  コメント(0) 

日本の宅配ってすごーい! [考えること]

私は面倒臭がり屋の横着者なので、
基本的にお買い物は全部ネットなのですが…、

フランスの郵便配達事情があまりにも悪く、
友達にも評判が悪いので
たった2回ほどAmazonでお買い物したくらい(^_^;)

絶対ネットの方が安いし、
子連れでお買い物ってかなり大変なので、
ネットショップは私にとっては救世主なんだけど、
それでも正規料金払っても、買いに行く手前、
持って帰る手間があったとしても、
フランスでは自分で買いに行っていました。


…ってそれくらいフランス(ニース)の郵便ってリスキー(´Д` )

まず再配達はほとんどしないし、
アパルトマンはほとんどが暗証番号か呼び出しで入るシステムなので、
配達員が面倒でアパルトマンの入り口に放置する、
(パリだとそのままその荷物が盗難に遭うこともあるそうです)
配達したと見せかけて、部屋まで届けに行かずポストに不在配達表を投げ込むこと多々。
(友達が一日中家で待ってたのに来ず、ポストを見たらそれが投函されてたと証言多々!)

そして不在配達表を貰ったら自分で取りにいかないといけません。

郵便局に受け取りに行ったら行ったで、
「そんな荷物はここに届いてません。」
と調べもしないのに即答されたり(*_*)!

日本じゃぜーーーーったいあり得ないそんな話を沢山聞いたので、
そんな面倒なことが起きるなら自分で買いに行った方がまし!

と思ってネットショッピングはしませんでした。


で、帰国してまたいつもの通りネットで、ガンガンお買い物。
お醤油、お味噌などの調味料からオムツ、オモチャ、基礎化粧品やトイレタリーなど全部!
調味料はデパートにすら売ってないマニアックなものが多いのでネットで買うしかないんだけど、
スーパーで買えるものも私は買いに行く時間がもったいないと思うし、
スーパーだと余計なもの買ってしまうし、
何せネットの方が安いしAmazonだと大抵が送料タダなので絶対そちらのがいい!

と思ってます(o^^o)

で、バカバカと買っていたものの中で届いたあるものの箱。



image-20140227091005.png


私、いたく感動しました!!

日本に住んでると別に当たり前というか
そんな気にもしないことかもしれないけど、


なんと!!!
梱包をときやすいようにテープが折り返して貼ってある!!!

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

すごーーーーーい!
海外じゃ絶対絶対ありえない配慮!!!

色んなものが使いにくくて
「メーカーとして使いやすいように企業努力しないんだろうか??
クレームがないんだろうか?
これで売れるんだろうか?」

と疑問を持つようなものが多い海外の日用品。


そんな中に埋れてると、

こんな配慮がなされてるだけで感動してしまいます!!

日本ってすごい!!


…でもこの痒いところに手が届くサービスに慣れてしまうと、
海外に出ると辛くなるのよぇ…(^^;;

一長一短だなぁ。

nice!(1)  コメント(0) 

自分に必要な情報は向こうからやってくる。 [考えること]


私は基本的にTVも新聞も読まないのだけど、
よく旦那さんや友達に「それでよく生きていけるね[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]」って言われています。

でも!

全然楽勝で生きていけます。

というより、TVや新聞をくまなくチェックしていた時よりも
今の方が全然楽に楽しく生きています[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

もちろんネットなどで世に起きた出来事などはチェックしたりはしていますが
毎日しているワケでもなく・・・それで不便を感じたことがありません。

広告代理店に勤めていた時は広告を見るのが仕事だったし
世の中の動き、流行りなどもいち早く知っておかないといけなかったので
朝からTVはつけっぱなし、寝る直前までもTVはつけっぱなしという生活でした。
その時の私はTV大好き人間。

何か音がしていないと落ち着かないので見ていなくてもTVは付けていたし
ワイドショーは見ないと家を出れないというほどのハマりっぷり。

なのに何故こんなに変わってしまったのかというと、ピロを妊娠したあたりから
TVを見るのに違和感を感じ始めたから。

広告とは極端な言い方をすれば「いかに見る人を洗脳して購買意欲を湧かせるか」
なので見た人は当然欲しくなるワケです。
もちろん社会現象を起こすくらい、今でも心に残る素晴らしい広告は数々ありますし、
今でも素晴らしい広告に胸をときめかせることはあります。
(素晴らしい広告の情報は大抵Facebookから入手出来ます)

ピロが好きなTV番組を見てて必ず「これ買って~~」というのが合間に流れるCM。
超~~べた過ぎて笑っちゃうCMが多いんだけど、
それも子供心に響くようにちゃんと計算されて作られているのです。

う~ん、これはヤバいな・・と(笑)。

そのあたりからTVを見る(特にバラエティなど)のを止めたのだけど、
今度は問題はニュース。

自分には必要なものもあるのだけど、どうしても子供も見てしまう。
どこどこの誰々が殺されました、こんな状況でこんな殺され方をしました。
ある会社の重役が不正を働いて多額のお金を誤魔化したのがバレました。
ある芸能人が浮気をして泥沼離婚となりました。

こんなニュース、果たして子供に必要なのかしらん?と。

子供は大人よりも何倍も感受性が高く、音や映像により刷り込みされやすいのです。
子供には暗くて未来を絶望させるようなニュースより、
もっと希望に満ちた明るいことを日々見せてあげたい。

・・・と思ってピロが言葉を理解するようになってからTVを見るのを止めたのです。
子供に見せなければいいじゃないかと思うかもしれません。
でも暗いニュースを見た日はやっぱり気持ちが暗くなるし、
もし我が家にそれが起きたらと不安モードになってしまいます。

ということは、、、、それを無意識のうちにそれを引き寄せてしまうんですね~~(あ~怖い。)

TVがつけっぱなしの家庭のお友達の子(5歳)が
とある母親が赤ちゃんをオーブンに入れてスイッチ入れたニュースの話題を
親子で普通に話しているのを聞いて
正直「ヒーーーー[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]」と思いました。
いやいやいや、そんなこと知らなくていいから!!

アメリカでは子供が見られないドラマや映画の規制がキチンとされていますが
日本はいまだに緩々です・・・・。


数か月前にある雑誌を読んでいたら一色紗英さんが
「子供にはTVを見せない。母親からの情報で十分」というようなことを
おっしゃっていて、すごく共感したのを覚えています。
まだ小さい時は世の中の悲惨なニュースやくだらない番組などは
子供にとって必要ではないと思っています。

ピロはもう小学校なのでそろそろTVの話題など友達と話すようになるでしょう。
このまま見せないでいられるのか・・・悩ましいけど、
私も小学校の時1週間に30分だけしかTVを見せて貰えず、
それでも生きていけたので大丈夫かな^^;?

と、前置きは長くなったけど(←前置きだったんかい(笑)!)

さて、一応仕事もしている社会人としてTVを見なくても生きていけるのでしょうか?
母親として知っておかないといけないニュース(例えば子供にとって危険なニュースなど)
を知らなくて大丈夫なのでしょうか。

答え)はい、大丈夫です。

でもその人にとって必要なニュース、事柄というのは何かの形を通して
必ずその人に伝わるようになっています。

これは本当。

今は区や学校の安全メールによって色々情報を得ることが出来ますし、
それをやっていなかった時も何かしらの形で(友達や誰か)が知らせてくれました。

もし気づかなくてその人がスルーしたとしても重要なことは絶対伝わるようになっています。
(それは友達からとか、電車の中刷りだったり、タクシーで見る流れるニュースだったり
たまたま隣に座った人たちが噂していたり、たまたま立ち見した本、と形は様々ですが)

反対に伝わらないニュースというのは本人にとって「必要でない事」という事になります。

たまに「あ~~~知らなかった!!ガーン[がく~(落胆した顔)][exclamation×2]」と感じることもあるかもしれません。
一方的な見方をすれば知らなくて損した!」と思うかもしれませんが、
結果的に知らなくて良かった(または本人にとって学びの機会だった)ということに過ぎません。

知らなくていいことを知らないでいられる。
色んな情報で頭がパンパンにならない。
(時には)偏った報道に惑わされない。
CMによって買わなきゃ!という強迫観念に駆られない(本人はそう思っておらず単に欲しいと思っているのですが)
真実のニュースが自分の元に入ってくる。

私の場合ですが、こういう状況に変わっていきました。
TVや新聞を見ないと、反対にいかにそれらを見てると洗脳されるかがよく分かるのです。
あまり深い話はここでは書きませんが・・・裏では色んな動きや思惑があるものです・・・。

(※TVや新聞を否定しているワケでないですよ。中にはとても素晴らしい番組もありますし。
たまに特集番組などを見ることもあります。一般の番組は私や子ども達には必要ないということです)

じゃあ、世間で話題になっていることを知らなくて友達付き合いができるのか?

答え)はい、出来ます。

世間で話題になっていることは世間の人が話しているので意外に知ることになるし、
知らなくてもそれで友達がしらけたり離れていくことはありません。

そして不思議なことに・・・!

TVを見ないという人たちが自分の周りに多くなってくるので
ますます不便さを感じないのです。

そしてそういう人たちは実に色んな情報を持っていて、
「世間で報道されていることについての本当の真実を知っている」事が多いのです。

ちなみに世界各国の新聞・雑誌への信頼度(=マスコミ報道鵜呑み度)の調査結果
こんな感じで出ています(情報ソースはこちら

   イギリス    14%
   アメリカ    26%
   ロシア     29%
   イタリア    34%
   フランス    35%
   ドイツ     36%

   インド     60%    
   ナイジェリア 63%
   中国      64%
   韓国      65%    
   フィリピン   69.5%
 
   日本      70.2%

日本が飛びぬけて高っ!!!
それだけ真面目で信用しやすい国民性ということなんですね^^;

でも日本ではマスコミがあるニュースで「この人が悪い」という方向で報道してしまうと
それが真実でなくても世間はみんなが「そうだそうだ!」となってしまうのです。

また「今はこれが支持されている!」と報道されるとみんなが支持するようになってしまいます。

そしてマスコミの話題に出ないと人々は忘れてしまいます・・・。
それが例えすごく重要なことだったとしても。

だからこそ日本のマスコミには真実を、偏った形でなく報道して欲しいのですが
現段階ではまだまだ難しい状況にあるようです。

そうそう、TVのニュースを見ない利点がもう一つありました。

「心がいつも平穏でいられる」ということ。

民放のニュース番組では(特にワイドショーなど)効果音や文字、編集によって
かなりドラマチックにニュースが報道されますが、見ている人の気持ちも知らず知らずに
それに影響されてしまうんですね。
3.11の震災後、繰り返される津波や原発事故の報道でそれを実感しました。
(だからすぐに見るのを止めました)

私は今はネットや配信されるニュースメルマガ、TwitterやFacebookなどで
ニュースを読む(知る)ので非常に淡々と受け止めることが出来ます。

「今新型インフルエンザ大流行!!ワクチン不足で病院に人が押し寄せてパニック寸前!」
「ただいま風疹大流行!妊婦さんに感染したら大変!!家族全員ですぐ打ちましょう!」
というTV報道を見ると「わ~~~大変[がく~(落胆した顔)]!!うちも早く打たないと!」と焦ってしまうかもしれないけど、

文字上ではそんなにドラマチックに報道しませんので落ち着いて検証することが出来るのです。
検証した結果案外それは必要がないことだと分かることも多々あります。
 

長々と書いてしまいましたが^^;、要はいいたいことは

「その人に必要なニュースは必ずその人に伝わるようになっている」という事です。

反対に「自分に必要なニュースは必ず自分に入ってくる」と思えば絶対そうなります。

それは宇宙の法則だからです[手(チョキ)]


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

天に召された人は悲しいのか? [考えること]


※スピリチュアルな話です。
興味のない方はスルーしてくださいね♪

先日、旦那さんが帰宅早々、
「あのさぁ、〇〇ってお店覚えてる?」と聞いてきました。
「もちろん、覚えているよ。会社時代に何度も通ったもん。」
「あそこのオーナーも覚えている?」

そう聞かれた瞬間、彼が何を言おうとしているのか瞬時に悟りました。

「もしかしてオーナーの方亡くなったの?」
「え?なんで分かったの[あせあせ(飛び散る汗)][exclamation&question][exclamation&question][exclamation&question]」とギョッとする彼。

実はお店の名前が出た瞬間、そのオーナーさんの魂の気配を感じたのです。

「だってその人の魂、今ここにいるもん。」

私のスピっぷり(笑)にもいい加減慣れた彼。

「いや~~、やっぱりそうかぁ。」

そしてその日が葬儀の日だったこと、そのあとでお店でみんなで追悼の意もあり
集まって飲みながら思い出話をしたんそうです。
その中でオーナーととても仲が良かった人たちがずっと号泣していた話なども聞いて、

私は「でもね、天に召されたその彼、今すごく幸せそうだよ。開放された感じで
ニコニコ微笑んでるよ~。ありがとうって言ってるよ。」と伝えました。

彼も同意見で、入院中ずっと管に繋がれててしゃべることも食べることも出来ない日々がずっと
続いていたそうで、そのオーナーにとってはそれは決して幸せな状態ではなかったと思うので
今は開放されて、mimiの言うように「彼は今天国で幸せなんだと思うって号泣している人に伝えたんだ」って。

人が(特に)若くして他界したり、病気でもないのに突然去ってしまうと、
人々は「可哀想に・・・」と嘆きますが、最近私は果たしてそうなのかな?と思うことがよくあるのです。

今年に入ってママ友のお父様が突然天に召されました。
まだまだお元気で現役で働いていて、持病もなく趣味のスポーツなどもされていたので
ご家族は晴天の霹靂だったそうです。

私も突然の悲報にとてもビックリし、また悲しみました。

その葬儀に参列した時のこと。
なんだか会場にすごい違和感を感じたのです。

参列した方は皆さん深い深い悲しみで沈んでいるのに、会場を取り巻く空気が明るくてほがらかなのです。
しばらくしてその原因が分かりました。

他界されたご本人の魂がとてもとても楽しそうにしていて、
解放感に満ち満ちていたのです。

最初は私も信じられなくて「私の妄想に違いない」とずっと言い聞かせていました。

でも、そのうち会場を覆うような大きな笑い声が聞こえてきたのです!
お葬式に笑うのは誰???と顔をあげてみると誰にも聞こえてはない様子。

やっぱり亡くなった方本人の魂だなとその時に気付いたのです。

その方は趣味のことをするために一人で旅行していて旅行先で寝ている間に亡くなったと聞いて
きっとご本人は気付かなっただろうけど、魂レベルで死に方を決めていて
そうしたのではないかなぁと思いました(これはあくまで私の推測ですが・・・)。

スピリチュアルの世界では、人は生まれる前から死ぬ時期、死に方を決めて生まれてくると言われています。
どの人と家族になるか、その別れ方もみんな家族(の魂)と合意の上で生まれてくると。
(でも魂レベルでは知っていても本人はもちろん覚えていません)


そのお父様の出棺の際、最後のご挨拶の時に
もうご遺体にはその方の魂は残ってないなと感じました。

もう体を離れて会場を深い深い大きな愛で包み込んでいる様子が伝わってきて
その深い愛に私は涙してしまいました。

私が大好きだった祖母が危篤の時、私は進行流産中で
じっと寝ていてもすごい量の出血があったのでどうしても祖母のもとに駆けつけることが出来ませんでした。

せめて葬儀に出てお別れを言いたいと思ったのですが出血もひどく
絶対安静だったので母に泣きながら電話したのを覚えています。

スピリチュアルな事を一切否定する母なのに、
「もう亡骸にはおばあちゅまの魂は残ってないのだから意味ないしいいわよ。
寝ながらおばあちゃまに挨拶をすればすぐに傍に来てくれるし、mimiの状況も知っていると思うわ」
と言いました。

私はまだその時は魂のことなど全然分かってなかったので
「あばあちゃまは私は薄情だと悲しんでいるに違いない」とおいおいと毎日毎日泣いたものでした。

でもその後、サイキックの方に祖母が私の傍についてくれていることを教えてもらい、
また祖母の伝言で大切にしている壺を家に飾ってからはいつもいつも祖母は傍で見守ってくれていることを
感じるようになりました。

他界した義父からの(天国からの)手紙には義父は素晴らしい世界で楽しんでいて
会いたい時に家族に会いにきている、ということを知りました。

愛する人との別れは悲しいです。

亡くなった後魂が開放されて楽しい世界に行くのだろうという事が分かるようになった今でも
きっと愛する家族、友達を失ったら私は悲しむと思います。

でも、それは愛する人を失った自分に対して悲しむのであり、
天に召された人はきっと幸せであり、目には見えないけどいつでも私に会いに来てくれる、
ということは忘れないようにしようと思っています。

旦那さんや子ども達には「私がお空に行っても悲しまないでね。私はとても楽しい世界に旅立ったのだから」
といつも伝えています。

もし若くして(ってもう若くないけど・(笑))、天に召されたら
湿っぽいお葬式なんかしないでみんなでワイワイとパーティーをしてほしいと思います。

美味しいものを食べて思いきり飲んで、おしゃべりして笑って。
パーティー中はちょっとは私のことを持ち上げて貰って「mimiはいい人だったよね」とか(笑)。
絶対涙は禁止ですよ~!!!

愛する息子を失い、突然亡くなったはずの息子からコンタクトがあった
お母さんはその会話を本にした「天国の真実」。

義父が天国から送ってくれた内容と酷似していてビックリです。

天国の真実―マシューが教えてくれる天国の生活 (マシュー・ブック1) (マシューブック)

天国の真実―マシューが教えてくれる天国の生活 (マシュー・ブック1) (マシューブック)

  • 作者: スザン・ワード
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2006/10/10
  • メディア: 単行本


もし愛する方を失って深い悲しみから抜け出せない方がいらっしゃいましたら
読んでみると気持ちが少し楽になるかもしれません。

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の10件 | - 考えること ブログトップ