So-net無料ブログ作成
検索選択
治療のこと ブログトップ
前の10件 | -

治療再開ならず・・・。 [治療のこと]

 

久々に治療のことを書きたいと思います。

(以前の治療のことを書こうと保存BOXに放り込んだまま
 全然UPしてませんが…^^;、
 ゆっくりゆっくり書いていこうと思っています。)

さて、1月に流産の掻爬手術をして早4ヵ月半。
hcgの妊娠を示す反応がなかなか消えてくれず
ずっとずっと『待ち』の状態でした。
これは薬で消すことは出来ず、ただただ自然に消えてくれるのを待つのみ。


う~じれったい。

 hcgが1を切っても0.7とか0.5とかしぶとく残っていて、
「次の生理周期が終わったら消えるでしょう」と言われながらもズルズル(*´ο`*)=3


そうしてやっと0.1に[るんるん]ヽ(^◇^*)/ ワーイ

夢クリニックの院長先生曰く「誤差の範囲だろうから大丈夫[決定][手(チョキ)]」とGOサイン! 


もうワクワクでした[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

またスタートラインに立てるのだ~[パンチ][exclamation×2]と。


そうして待ちに待った凍結卵のお迎え日。

なんと・・・ホルモン値が予想反して悪かったのです。

「う~ん、これはダメやね。 
 今回はキャンセルだね。数値があがっとらんのよ。」と院長先生。

普通妊娠するためのホルモン値がうなぎのぼりの状態でなくてはならないところ、
どうやら私はすでに下降しているとのこと。

「今日はたこ揚げの日じゃないっちゅーことよ。 
 こんな日にたこ揚げてもあがらんからね。 
 あがらないたこ揚げようとしても無駄やね。
 雨も降っとるし、今日は向いてないってことやね。
 やめとこ。」 

と、あっさりキャンセルに!!Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!


今まで自分が原因で移植がキャンセルになったことがなかった私はビックリ。
というか軽いショックを覚えました。

まだ流産の影響が残っていて、
年齢が増すとともに流産の影響は長く残る・・・と。


高齢の壁は大きい。

治療を重ねる度にこの事実は嫌でも突きつけられてしまいます。
普段は人から若々しいと褒められいい気になっていたけど
(もちろん社交辞令は百も承知!)
体は着々と衰えているのだなぁ・・・と。

まだ残っている卵はあるけれど、
これってある意味ロシアンルーレットなんじゃないかと。
他の卵が良いという保障はないし、
もし良いものだとしても着床してくれるとも限らない。
また流れてしまう運命の卵が着床してしまったら、
また流産して、治療再開まで1年近くかかってしまう。
どの卵を選ぶかで全然違う結果になることって考えるとちょっと怖い・・・。


・・・な~んてネガティブな事をつらつら書いていますが、
決して悲観的になっているのではないのでご安心を[手(パー)]

  
そういう事も含めて自分の運命なのだ、
と受止める強さを持たなくてはいけないと
気持ちが引き締まる思いなのです。

治療で挫折することは悪いことではないと思っています。
悲しいことは沢山あるけどその分強くなれる。
その強さが母になった時発揮されるからいいのだと。
ピロが私の元に来てくれた感謝の気持ちを決して忘れることはないし、
同じ辛さを味わっている人に優しくできる。
いくら思いやりを示そうとしてもそれを経験してないと的はずれになったり、
時には傷つけてしまうこともあるってこと・・・を、
不妊を経験して初めて知った。

これだけでも自分にとっては素晴らしい成長ですもの[ぴかぴか(新しい)]

さぁて、もっともっと強くなって日本一の肝っ玉かあちゃんを目指そうかな。
(え?すでにそうなりつつあるという噂も・・・^^;?)

  
そんなワケで治療が先延ばしになった今、
転んでもタダでは起きない私は

今月は飲んだくれ&ジム強化月間

と決定しました! 
飲んだくれたい友人達よ、ガンガン誘ってくれたまえ~[パンチ][exclamation×2][exclamation×2]

--------------------------------------------------------------------------------
  
暗い?話題のあとは明るくなるスイーツの話でも[バースデー][かわいい]

甘い物が大好きというワケではないけど、
チョコレートとマカロンには目がない私。

現在私の中ではマカロンランキング [揺れるハート]

1位 ラデュレ

2位 ル・ショコラ・ドゥ・H 

3位 ル・メゾン・ドュ・ショコラ

特別番外*Parisのジェラール・ミュロのマカロン
(マカロン好きのきっかけとなった衝撃のマカロン)
ですが、

先日鉄人坂井シェフのラロシェルさんから贈っていただいた、
和風マカロンもなかなかで、
マカロン好きには堪りません!!

同じくラロシェルさんから送っていただいた和風地味噌ロールケーキ
味噌と日本酒~?と思いつつもちゃんとスイーツになっていて
不思議なハーモニー。美味しいです。

IMG_7186.JPG和風ロールと和風マカロン

ムッシュ坂井のお人柄がそのまま表れているようなホッとするスイーツです[揺れるハート]

皆さんのお薦めマカロン教えてくださいね~[ハートたち(複数ハート)]

ちなみにラデュレの新作、
「すずらんのマカロン」はすごく美味しい!!
バラとか花系の風味は好きじゃないのにこのすずらんは絶品でした[目][黒ハート][exclamation×2][exclamation×2]

IMG_7187.JPGラデュレのマカロン

ちょっとくすんで写っておりますが、手前の薄いグリーンのが「すずらん」です。
このパステルカラーが乙女心をくすぐりますね[揺れるハート]

マカロン好きは世に多いみたいでこんなサイトが!素敵~[ハートたち(複数ハート)]
『マカロンマニア』

   
[黒ハート]おまけ[黒ハート]

ムッシュ坂井の洋食シリーズです。

IMG_7199.JPG

これは検索したのですがヒットせず。
も、もしかしてまだ試作品(笑)?
聞いてみようと思います。

これでもか?というくらいに贅沢に具がゴロゴロ入っていて
かなり豪華なレトルトです。[ぴかぴか(新しい)]
黙って出したら料理上手と勘違いしてくれるかも?


トマト風味のビーフシチューが美味しい!
スパイシーカレーはタイカレーのような美味しさでこれまたGoodです[手(チョキ)]

カレーが美味しくなる夏到来で嬉しいわ~。

 


nice!(4)  コメント(16) 
共通テーマ:妊娠・出産

「ちいちゃい女の子だった」・・・ピロの不思議な発言 [治療のこと]

今日病院に行ってきました。
ピロの兄弟を授かる為の治療[病院]です。

今月採卵したので体の調子が良ければ来月移植となります。
ピロを出産してから治療はこれで4度目。
妊娠~出産出来たことが奇跡と思っているので
今回の治療に関しては深く考えず、希望を持って臨んでいます。

流産して半年が経過し、夢クリニックの医院長がおっしゃったように、
やっとそのダメージが消えかかってきたのか?
と思えるような兆候が出てきました[グッド(上向き矢印)]

上手くいけば来月卵をお迎えすることが出来ます。
やった~[手(チョキ)]

ピロにはずっと前から
「ピロの兄弟が授かるようにママは頑張ってるんだよ」
ということを話してきました。

 

全然私らしくないのですが・・・^^;

「この世に生まれたい子供達の魂が空の上から親を探している」
・・・というメルヘンな話を信じているので、

今日ふとピロに、聞いてみました。
「お空からパパとママを探している時、ピロは他の子と一緒だったの?」
「うん。」
「ピロと一緒にいたのは男の子だったかな?
 それとも女の子?」
「女の子だった・・・。」
「小さい女の子だった?大きい女の子だった?」
「ちいちゃい女の子だった。」
「その女の子とパパとママのところに行こうと思ったの?」
「うん・・・・。」

「他にも誰か一緒にいた?男の子もいた?」
「・・・・(無言)」
「ねぇ、他には誰もいなかった?小さい男の子は?
 もっと小さい女の子とか他にいなかったかな?」
「・・・・(無言)」
「ピロとその小さい女の子だけだったの?」
「・・・・(無言)」

他にも色々質問したのですが後は終始無言でした。
いつも話しかけると返事をしてくれるのに
ピロは背中を向けて黙々と遊び、沈黙を通していました。


単なる偶然かもしれません。
ピロが他の話と混同してたまたまお互い話が成り立っていたとか^^;?

でも前回妊娠した時は直感的に
「女の子だな[揺れるハート]」と感じたのでこれってある意味当たっているのかもしれません。
(ちなみにピロを授かった時も直感で「男の子」と感じました)


ピロの言っていた「ちいちゃい女の子」、
また私のお腹に宿ってくれると嬉しいな~[ぴかぴか(新しい)]



同じく3年の治療を経てめでたく妊婦9ヶ月となった後輩と食事して
ついでに妊娠菌を沢山貰ってきました[手(チョキ)]

レ・クレアシヨン・ド・ナリサワのlunch                                                  RIMG01066.JPG RIMG01111.JPG

今私の周りに妊婦が5人です[exclamation×2][exclamation×2]
妊娠菌貰いまくらねば~[パンチ]
誰か私に移して~~~ヽ(^o^)丿

胎内記憶、胎内前記憶を書いている本です。

読んでいると自分が子供に選ばれたんだな~と感動します[ぴかぴか(新しい)]

ママのおなかをえらんできたよ。

ママのおなかをえらんできたよ。

  • 作者: 池川 明
  • 出版社/メーカー: リヨン社
  • 発売日: 2004/11/30
  • メディア: 単行本


nice!(4)  コメント(32) 
共通テーマ:育児

第二子へ向けての不妊治療 [治療のこと]

前回の流産から早3ヶ月目に入ろうとしています。
今までKLCに通っていたのですが、ここで心機一転、
病院を変えて、また頑張る事にしました[手(グー)]

と、言っても転院先はKLCの系列病院、『夢クリニック』です。
「極力卵巣に負担の少ない方法で」という基本方針が同じなのですが
使う薬の組み合わせや、料金体系が異なります。

KLCで副院長をされていた寺元先生が院長。
KLCの加藤院長同様、かなりきびし~シビアなお方です[ふらふら]

私の希望としては
・出来れば沢山子供が欲しいので若いうち(もう全然若くないですけど・・・泣)
 に沢山の卵を採っておきたい。

→というのは妊娠というのは卵の年齢が大切で
卵が若ければ極端な話、60歳くらいの高齢の方の子宮に戻しても
妊娠することは可能なんだそうです。
(もちろん高齢でも妊娠出産されている方は沢山いますが・・・)
なのでもし奇跡的に第二子を余剰卵がないまま授かってしまったら、
私の場合、再度治療しても第3子は限りなく不可能に近い、
そう考えたワケです。


が!院長は「はっきり言って論外!!」とズバっ!

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!!

流産をした場合(超初期の化学的流産でない限り)
少なくとも半年は卵巣に影響が出て良質の卵が出来ない。

20代前半など若い場合は2ヶ月くらいで回復するケースもあるが
私のように高齢な場合、最低でも半年以上はかかるそうです。

「今は良質な卵が1個出来るか出来ないか?という状態で
 沢山卵を採っておきたいだなんて。フ~~ッ ┐( -"-)┌
 今は第二子が出来るかの瀬戸際なのに論外だよ。
 年齢的に言って第二子で打ち止めと考えた方がいいでしょ。」

と、ズバッ!

グサグサグサ!!!=( ̄□ ̄;)⇒!!!

確かに自分でも贅沢すぎる希望だと自覚しているんです・・・。
ピロを授かったのでさえ、奇跡ですもの。

でもね、夢は大きく持ちたいのです。
不可能を不可能と諦めていたら、ピロを授かれなかったと思う。

治療を重ね何度も撃沈していくうちに親や友人、医者からも
「もういい加減諦めて別の人生を考えたら?」と何度も言われたけど、
でも何度流産しようが、何度治療に失敗しようが希望を捨てずに
諦めなかったから今の私にはかけがえのないピロがいる。

だから第二の、そして第三の奇跡を信じたい[ぴかぴか(新しい)]と思うのです。

そして私と旦那は高齢なのでピロは若くして天涯孤独になる可能性もある。
だからイザという時に頼れる兄弟を作ってあげたいし、
小さい時から「大草原の小さな家」のような大家族が夢だったので
それを叶えたいという願いもあるのです。

 

・・・・とはいえこればっかりは神のみぞ知る授かり物。

どこまで体力・気力・経済力ともにどこまで続くか分かりませんが、
希望を捨てず、諦めず、
しかし固執しすぎずに力を抜いて頑張っていこうと思っています。

だから治療を続けつつ、妊娠していない期間を多いに楽しむ!
(飲みますよぉ~[バー][ビール][手(グー)]あちこち遊びに行きますよぉ~[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

こんな遊び人の親の元に産まれたらきっと楽しそうヽ(^o^)丿、と
ウッカリ、親に選んでくれる子が現れたらいいなぁ~。

いないか・・・・(笑)


nice!(5)  コメント(39) 
共通テーマ:妊娠・出産

ご報告 [治療のこと]

かなり更新をご無沙汰してしまいました。

この間、楽しいこと、嬉しいことなど色々なこと、
そして悲しいこともありました。

更新したいな~と思いつつも、
最近ずっと眠り病にかかって夜はほとんど撃沈状態[眠い(睡眠)]
今週後半からは体調不良で更新する気力が出ず、
気付いたらこんなに時間が経ってしまった!「(≧ロ≦)


さて悲しい話になりますが、まずはご報告です。

*******************************

お腹の赤ちゃんは途中まで頑張ってくれたのですが、
残念ながら先日、空に旅立って行きました。

最初から厳しいかも、といわれていたので覚悟していたものの、
途中までは成長を見せてくれたので
もしかして?と希望を抱いていました。
そのうちピロの時のように胸が張ってくるし、
お腹に話しかけると確かに生命の気配[ぴかぴか(新しい)]を感じたのです。


しかし8週後半で成長が遅くなり「きっともう駄目でしょう。
この辺で諦めて掻爬手術の日程を決めましょう」と、
ドクターに言われても、どうしても決断を下せない。

どうしよう・・・。
奇跡は起こらないのかな・・・。

でもある朝、私はお腹の子が助からないことを直感しました。

それまで張っていた胸が急にしぼみ、お腹の中から感じていたパワーが
全く感じられなくなったのです。
「ああ、赤ちゃんは旅立つ準備をしているのだな」
そう思いながらも何度もしぼんだ胸をさすりながら
また元気になってくれないかなぁと微かな希望を抱いていました。

しかし整体の野口先生に診ていただいた時、
背骨を丁寧に触った後に一言、
「受胎しているとは限らないんだよ」と言われて
「ああ、やっぱりもう駄目なんだ・・・」と覚悟を決めました。

その晩、沢山泣いて赤ちゃんとお別れしました。

それから数日後、大量の出血と共に我が子は旅立っていきました。
9週と4日でした。

授かった命を失ってしまったことはとても残念で悲しかったけど、
多分この世に生まれるには弱すぎる命だったのでしょう。

魂は受精した瞬間に卵に宿るんだそうです。
我が子はピロと同時期に受精したので、お迎えまでの2年半ばかり
魂を宿しながらずっと待っていてくれたと思うと
ちょっと切ない気持ちになります。

ですが、私は「人生に無駄なことはひとつもない、
全てに意味がある」
と信じているので、
弱い命が一瞬でも私のお腹に宿ってくれたのは、
何か意味があることにちがいない、と思っています。

実際、短い期間だったけど1ヶ月間、幸せな妊婦でいられたし、
着床のハードルがとても高かった私に希望を与えてくれました。

今は悲しい気持ちはなく、感謝の気持ちで一杯です。

「本当にありがとう。
 いつかまた戻ってきてね」

この言葉が空に届けばいいなぁ・・・。

 

また明日から元気なmimiに復活しますのでどうかご心配なく!


nice!(1)  コメント(25) 
共通テーマ:妊娠・出産

胎嚢確認! [治療のこと]


ちょこっと報告です(*^_^*)

昨日病院に行ったら小さな小さな胎嚢が確認されました[揺れるハート]

NEC_0929.JPG

ひとまずホッ[ダッシュ(走り出すさま)]・・・です。
これで子宮外妊娠の疑いはなくなりました^^;

そしてホルモン値が倍に上がりました[手(チョキ)]

それでも平均値の半分以下。そして胎嚢の大きさも半分。。。トホホ。

「妊娠継続する為に今出来ることはないのですか?」

ピロの時も聞いてしまったし、答えは分かっているのに
しつこいくらいに毎回聞いてしまいます。
藁をも掴む心境なんです(>_<)

ピロの時にお世話になった鍼灸院のSekimuraさんに相談したけど
「理論的には今何しても変わらないですねぇ。」と。
そして私の状況を説明したら
「う~ん・・・。厳しいですね・・・。」だって[もうやだ~(悲しい顔)]
このオブラートに包まないはっきりとした物言いが好きなんだけど
真実味があってキビチ~!

今は卵の生命力[ぴかぴか(新しい)]を信じることしかないんですよね。

KLCの先生は「可能性は0じゃない。」と言ってくれたので
その言葉を信じて頑張らないとっ!
将来を悲観するより今お腹に居てくれることを喜んであげないと、
と思って一生懸命はなしかけてます。

私の声が届くといいな~[ぴかぴか(新しい)]



週末六本木ヒルズに友達と遊びに行きました。

今までは眺めるだけだった公園の施設や休憩室のオモチャも
ちゃんと遊べるようにまで成長しましたよ(*^^)v

RIMG0652.JPG 乗り物大好き♪

保育園で慣れているせいか、いつも大きい子について行くので
あっという間に一番高い滑り台まで登ってしまうのでヒヤヒヤ[たらーっ(汗)]
臆病すぎるのも困りものだけど少しは躊躇して欲しい!

NEC_0906.JPG 母さんも一緒にやる?

最近椅子をさかさに座るのがマイブームらしいです。

NEC_0898.JPG うんしょ!


そろそろ自分で座れる高さの子供椅子を買ってあげないと~と
思って悩んでいます。
puppeさんのポテ丸も興味深々。

「小さい椅子」はなかなか素敵な椅子がいっぱい。
目玉イスもいいし、
ウリもいいかな~。 
でもピロには贅沢すぎるかな・・・。

皆さんも何かお薦めがあったら教えてくださいね~[手(パー)]


nice!(5)  コメント(31) 
共通テーマ:育児

小さな命 [治療のこと]


一昨日の4月1日は忘れもしない、
2年前、ピロが私のお腹に戻ってきた日でした[揺れるハート]

そんな思い出に浸りながら、
今日は皆さんにご報告があります。

実は私のお腹に小さな命が宿りました[ぴかぴか(新しい)]

長い間眠っていたピロの片割れです。


・・・が!

でも陽性反応が出た最初から厳しいかも、と言われ続け、
現在もなお非常に厳しい状況です[もうやだ~(悲しい顔)]
妊娠継続出来るのか?子宮外妊娠ではないのか?
・・・という不安と日々戦っています。
(詳しくはまた後ほど)

友達や知り合いもこのブログを読んでいるので
ここに書くのをちょっと躊躇しましたが・・・、

でも今私のお腹に命が宿っているのは確か。
たとえ悲しい結末になったとしても、
数日でも私のお腹に居てくれたこと、
忘れないようにここに書き記したいと思いました。

(友達よ、これを読んでもまだ私や他の人には何も言わないでおくれ。
 その時期が来たらちゃんと自分の口から伝えるから)

この先どうなるか分からないけど、
授かった命に感謝して日々過ごしたいと思っています[かわいい]

まずは報告まで。。。

 


nice!(5)  コメント(25) 
共通テーマ:育児

「不妊治療の保険適用」署名のお願い [治療のこと]

 

今日はこのブログを日々読んでくださっている皆様にお願いがあります。


どうか「不妊治療の保険適用」を求める署名にご協力ください!

私の不妊時代に心の支えとなったFine というNPO法人
【不妊治療に関するすべての薬剤と検査に対する
保険適用を求める署名活動】
を開始しました。

私は不妊治療でピロを授かる事が出来ましたが、
授かるまでに治療費として何百万円も費やしました。
それはとてもとても手痛い出費でした(涙)。

現在も私のように多額のお金(と精神力、体力)を費やしてもなお、
授からないで苦しんでいらっしゃる方が何万人もいます。

この方たちの為に、そして(もしかして)将来のご自分の為に、
どうか保険適用請願の為の署名にご協力いただけないでしょうか?

署名は、自筆で行なわなくていけない為、
皆さんには、署名簿をダウンロードして郵送したりと、
ちょっとお手数をおかけしてしまうのですが・・・、
ぜひ、一人でも多くの方にご協力いただきたいと思っています。


あなたの1署名が国を動かします。

どうかよろしくお願いいたします。

                  
以下、代表の松本亜樹子さんの許可を得て、
Fineから届いたメールを転記させていただきました。
                

NPO法人 Fine ~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
◆◇◆ 国会請願のための「保険適用署名活動」ご協力のお願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

NPO法人Fine 代表の松本です。

NPO法人Fineでは、署名を集めて国会請願をします。
7月30日(月)、日本産科婦人科学会に登録されている
全国のART施設、653施設すべてに署名協力のお願いの書簡を発送しました。

請願内容は、「不妊治療の保険適用」です。
ただし、適用の範囲を「薬剤と検査」に絞ります。
【不妊治療に関するすべての薬剤と検査に対する
保険適用を求める署名活動】を、全国展開します。

不妊当事者の方も、そうでない方も
賛同いただける方は、ぜひともご協力ください!

◆個人でご協力いただける皆さんへ
Fineのサイトから署名用紙をダウンロードして、ぜひご署名ください!
ご家族やご友人にも、ぜひ協力いただければと思います。

皆さんのご協力を、心からお待ちしています。
一人ひとりの、自筆でのサインが必要です。
私たち不妊治療患者の経済的負担を軽減するためにぜひ、ご協力ください!

詳細はこちら↓↓↓

◆「保険適用の署名について。協力方法など」
◆「なぜ、薬と検査の保険適用なの?」
◆「不妊治療環境向上アンケート」


◆「説明つき署名用紙」

「治療のために、もう○○百万円使った…」
決して珍しい話じゃありませんよね。
体外受精は、1回で数十万円というお金が必要。
私たち患者は、わが子を胸に抱きたい、という、ただそれだけの
切実な願いのために、膨大な費用をどうにかして捻出してきました。

公的支援で助成金が出るようになったのは、確かにありがたいことです。
けれども、体外受精1回分にも満たない金額では
やはり十分とは言いがたいのが現状です。
せめて、薬剤(注射ももちろん含まれます)と検査だけでも
保険適用になれば、と、願います。

集まった署名は、11月中旬をめどに一旦回収し、
12月中に国会請願をする予定です。
これから、数百名の国会議員の方たち全員に、ご協力願いの書簡を送り、
協力してくださる議員さんに請願をお願いする予定です。

国会請願について詳しくはこちら
http://www.sangiin.go.jp/japanese/aramashi/chisiki/6.htm
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/index.htm
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_tetuzuki.htm 

皆さんの力を、ぜひ、貸してください。
あなたの力が、私たちには、必要です。
私たちの声を、国会に届けましょう!

署名のご協力を、お願いいたします。

NPO法人Fine 代表 松本亜樹子


 


nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療のカミングアウト [治療のこと]

 

私はピロを授かる前、不妊治療中であることをなかなか言えなかった。

子持ちの友達に気を遣わせるのも嫌だったし、
同情されるのは惨めな気分になったし、
いつ授かるのか全く見えない暗いトンネルを彷徨っている時に
「頑張って!」とか「きっと出来るよ!」などと励まされるのも辛く、
そして「どんな治療をしているの?」と興味本位で
根掘り葉掘り聞かれるのも不愉快な気分になったので
親しい友人以外は「子供嫌い」を通していました。

そして妊娠中は将来ピロが特異な目で見られる事を懸念して
治療して授かった事を公表しませんでした。

でも今は不思議と気負いなく言えるようになり、
そうすることで実は陰でかなり多くの人達が、
この問題に悩み苦しんでいるという事が最近分かってきました。

先日もピロのお祝いに来てくれたマダムも、
とても優雅な生活をしていて仕事も成功して、
夫婦だけの人生を謳歌しているように見えていたのだけど、
実は養子受け入れを真剣に考えて児童相談所まで行った、とか、

昨日も私が世間話のついでにある男性に「不妊治療に疲れて養子の方向で動いていた」
とポロっと話したら「実は自分達も治療しても子供に恵まれないので
今真剣に考えている」などという話をしてくれたのです。

そして「こんな話を人に話したのは初めて。すごくスッキリした」とも。

子供が出来ない、居ない事は悪い事でも恥ずかしい事でもないのに、
治療中の時はなかなか言えないものです。
そして勇気を出して言ったところで返ってくる言葉に傷つく事も多々あります。
声をかけた方に悪気がなかったとしても、
何気ない言葉だったとしても、言われた本人はとても傷ついたりするのです。
また、同じ言葉でも、言われた相手やその時の自分の状態によって
嬉しい言葉になったり傷つく言葉になったりします。

でも「実は・・・」という事情を抱えた人がすぐ傍にいるという事実は
人の気持ちを少し楽にさせたり勇気つけられるもの、
ということを私自身体験してきました。

私は沢山子供が欲しいので、2人目3人目も治療するつもりだし
今後はそれを隠さずに普通に話していきたいと思っています。
そうすることで少しでも「実は私も・・・。」とカミングアウト出来る人が出てきたり
まだ授かっていない人に勇気と希望をもたらしたり、
治療することに対する世間の偏見を減らし、少子化が社会全体の問題として
もっともっと真剣に取り組んでいけたらと思っています。
(言うだけではなくもっと行動しなくては、ですよね)

そして、我が子を放置したり虐待したり、手にかけてしまう親に
「命を授かるって実はこんなに大変で奇跡的なものなんだよ。
 あなたはその奇跡を消そうとしているんだよ。」
という声が届けばいいなと切に願っています。

ちょっと真面目な話でした~。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:妊娠・出産

今さらだけど不妊の話 [治療のこと]

ピロ生後32日目

5年に渡る不妊治療でようやく授かったピロが産まれて
早一ヶ月が過ぎました

あの長い闘いも今となっては過去の思い出となっていますが、
私の周囲にはまだ今もなお闘っている友達が沢山います。
その友達は全てネットを通して知り合ったお友達。
 
当時は不妊治療しているリアルな友達が居ず、
結婚している友達はほとんど全員子持ち、独身者はキャリアウーマンだったので
彼女らとは生活サイクルも価値観も異なり、私だけが中途半端な立場で
かなり孤独で寂しい治療生活を送った記憶が残っています

自分の気持ちを吐き出そうにも相手は居ないし、治療をしている事自体が
「自分は女として、人間として、不完全な生き物だ」
ということを公表しているようで嫌だったし(そうではないのにね)、
悪い事をしている訳でもないのに「不妊治療している」って言いにくい

何故ならまだ治療に関する偏見や特別視する風潮があると感じていたから。
そして治療している事を告白する事によって同情されるのも辛いし、
悪気のない言葉も、反対に変に気を遣われるとそれはそれで傷つく。
そんな不安定な精神状態が続く中、同じ様に闘っている仲間がいるって
知ったときは本当に救われました
 

幸い実母や夫の家族、親しい友人などは
「いまどき不妊治療なんてめずらしくない」と言ってくれたし、
義理ママなんかは「本当によく頑張ってくれたわね~(涙)」と
心底感謝してくれるので恵まれた環境にいるな~と思います
 

でも先日発表された記事を読んで「ああ、やっぱり」と思いました。
まだまだ不妊治療に対する意識って低いし
現状って知られていないんだな~と実感しました。

『国内で体外受精で生まれた子は、日本産科婦人科学会の03年度調査では
「65人に1人」。体験者の正答率42%に対し、一般は11%と低く、
「290人に1人」と最も少ない割合を選んだ人が34%、
「210人に1人」も27%だった。』

これは03年の調査ですから昨年はもっと増えているはずです。
この調査結果は未婚女性で「まだまだ私はいける。でもいつかは子供も産みたい」
と思っている人に読んで欲しいと思っています。
人生の選択肢は沢山あって、結婚や子供を持つこと=幸せ、
ではないけれど「いつか産めるだろう」と軽く思っていたのに実際は違っていた
・・・という私のような失敗を繰り返して欲しくないから。

そして今まだなお闘っている友達に偏見の目が注がれないためにも。

出産した病院の看護士さんがこう言っていました。
(彼女は将来的に思春期から更年期までトータルの精神ケアをしたいと様々な
 勉強や資格を取っていて不妊カウンセリングも勉強中でした。)
「女性は長い人生で様々な病気なトラブルに遭遇するけれど一番深刻で難しいのは
『不妊治療』なんですよ。産前産後の辛いトラブルや更年期障害などは
『いつかは解消される』悩みなんです。でも不妊治療だけは違う。
いつ解決するとも分からない出口の見えない苦しい苦しい悩みなんです。」
と。

【体外受精児、65人に1人 一般女性の正解11%】(asahi.com)
http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY200701180266.html

Fineプレスリリース <不妊に関する意識調査> 
http://j-fine.jp/top/anke/kaise.htm


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:妊娠・出産

お世話になったサイト達 [治療のこと]


仕事してます。
仕事に埋もれています。
来週は楽になる~~と信じながら1日中PCとニラメッコしているので
時々現実逃避したくなります。。。
現実逃避 ((((((~(-_-~)


と言うことで不妊治療中お世話になった(今でも)サイトをご紹介。


◆USAGIの部屋(不妊情報&コミュニティサイト。様々なカテゴリーで掲示板がある)
http://www005.upp.so-net.ne.jp/moru/index.html

◆ミニうさぎの部屋(上の携帯版です。PCでも携帯でも見れる)
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/happy-shop/mobil-usagi/index.htm

◆女性のための健康生活ガイド『ジネコ』
 (カテゴリー別で質問が出来る)
http://www.jineko.net/

◆CHUCHU(不妊に悩む女性の情報&コミュニティサイト)
http://chuchu.lolipop.jp/

◆ペンギンの翼(不妊の管理人が立ち上げたコミュニティサイト)
http://www.secret.ne.jp/~scene/index.html

◆不妊治療の培養室から(培養士にサイト。医師に聞けない事柄やかなり専門的な事も答えてく     れます)
http://plaza.rakuten.co.jp/baiyousitu/

◆病院の通信簿
http://www.tusinbo.com/

◆NPO法人 Fine(現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会)
http://j-fine.jp/

これらのサイトや同じく不妊で苦しんでる人のブログで随分勇気を貰いました。
昔の人は1人で悩んでいたのだろうと思うと、
インターネットのある時代に生まれて本当に幸せです☆⌒(*^∇゜)v


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:妊娠・出産
前の10件 | - 治療のこと ブログトップ