So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもにいライラして怒ってしまう時に、、、その3 [育児]


さて、

今日は②の小さい時に同じように母親(父親)に怒られた


について書こうと思います。


よくお母さんたちが悩んでいることで多いのが

母親にすごく怒られて、嫌だったのに

今自分が同じようなことで

子どもに執拗に怒ってしまう。


自分の中ではもうヤメたい、と思いつつ

感情がエスカレートしてしまい、

もうもう、止まらず激しく怒ってしまう


ということ。




親から受けたものは

それがどんなに嫌で苦痛だったとしても

自分の子どもにやってしまう、というケースは多々あるのです。


例えば虐待がそうですね。

親に虐待を受けてすごく嫌だったのに

子どもにやってしまう。

そしてそんな自分に嫌悪感を感じてしまう。


これを負の連鎖と言います。



虐待まで行かなくても

暴言を吐く、手を出してしまう、怒りを吐き出さないといられない

そんな経験は母親なら一度は二度あるのではないでしょうか。




怒りのスイッチを押すボタン


ー子どもが自分の言うことを聞かない

ー子どもが自分の思う通りに動かない

ー子どもが反抗的な態度を取る

ー何度言ってもわからない



言い換えれば


子どもが自分の言いなりにならない


ではないかと思うのです。




子どもは自分の言いなりなんかならない

子育てなんてそんなもんだ


ママは頭では分かっているのです。


どんなにキーキー怒ったとしても

我が子は全然聞いてやしないし、

早く嵐が過ぎ去るのを待っているだけだと。

一瞬シュンとした様子を見せたら

ほとぼりが冷めたらまた繰り返すということも。



でも怒りスイッチが押されてしまうと

もうどうにも止まりません。


私のママ友のほぼ全員、そしてクライアントさんは

口を揃えてこう言います。


「子どもを持つまではあんなに激しく怒ったことがなかった。

 まるで自分の中に違う人格がいるみたい。

 怒り出すと違う人格の、まるで鬼が激しく狂い出すの。

 そうなるともう自分では止められなくなるのよ。」


と。






もちろん、私も大いに経験ありです笑。



独身時代に道端でギャンギャン子どもに怒っている親を見て

「ああはなりたくないなぁ。あんなに怒っても意味ないのに。」

と思っていたのに、


ママになって、はたと、

やっている自分に気づき愕然とする。。。。




オーマイガー!!!

。。。。。。_| ̄|○







ではどうしたらいいのでしょうか?



私はこれは自分が幼少期に親に怒られて

その気持ちが未消化であることから

発生しているのだと思っています。




なので、


まずは我が子の反応をじっくり見てみましょう。


ーあなたの幼少期と同じ態度ですか?

ーあなたが本当にしたかったけど出来なかった態度ですか?



どちらにしても、

そこに小さい時の自分と重ねてみている自分に気がつくでしょう。



44287332_s.jpg




本当は

「いやだ!うるさい!」と言いたかった私。

「もうやめて!」と言いたかった私。

「ママの言うことなんか聞かない!!」と言いたかった私。

「怒らないでもっと私を愛して」と言いたかった私。




もしあなたの子どもが自分の幼少期と違う態度、

例えば反抗的な態度だったり

全く親の言うことなんか聞かなかったとしたら



「私はあなたの言うことを聞かない。

 聞きたくない。

 言いなりにならない私でもいい。」


「NO!!!!」


39587492_s.jpg



と言う姿を

本当にあなたがしたかったことを、

今のあなたに見せてくれている、のだと思います。




結局は子どもも魂レベルでは同じソウルグループ、仲間であり

お互いの人生の課題(アジェンダ)をクリアするために

親子になっているのですから



そしてもしあなたと全く同じ態度だったら

それも自分の幼少期の<気持ち>を見せてくれている

のだと思うのです。








それに気づいたら、


今度はあなたの番です。



幼少期に母親(もしくは父親に)激しく怒られている様子を思い出します。


その時に親はなぜそんなに激しく怒っているか、

それを深く注意深く、そして客観的に観察します。



そこに、、、、、



いろんなものが見えてくると思います。


ー母親(父親)の個人的な不安や不満

ー母親(父親)の満たされない気持ち

ー母親(父親)の寂しさ

ー母親(父親)のプレッシャー


そして、、、、


ー母親(父親)の自分への深い愛



 

大人になったからこそわかる、

親の、まだ未熟な親のいろんな気持ち。

 

そこをようく観察してみましょう。

 

きっと色んなことが見えてくるはずです。

 

また次回に続きます。。。




*****************

 興味ありましたらFacebookもご覧ください♪

☆mimiこと新崎香織のFacebookページ
(フィード購読歓迎いたします)

 *お友達申請の場合は「mimi blogを見た」
と一言メッセージいただけますと嬉しいです!

☆新崎香織公式blogはこちら

【kaori流楽しく美しく生きるコツ】
無料メルマガはこちらから⇒https://goo.gl/Uzt0pD

【LINE@お友達になりましょ(*´∀`)♪】
http://line.me/ti/p/%40kaoriarasaki
ID検索は「@kaoriarasaki」

nice!(2) 
共通テーマ:育児

子どもにイライラして怒ってしまう時に、、、その2 [育児]



さて、昨日の続きです[手(パー)]


つい、可愛い我が子にイライラして

必要以上に怒ってしまって後悔してしまうこと、

母親なら一度や二度は経験あると思います。

(いや何十回とあるでしょう[たらーっ(汗)]



38082505_s.jpg



大丈夫です!!!


誰もが悩むことです。



でもみんなが悩むからといって

繰り返したくないですよね?


さて色々理由があるのですが

ズバッと対処法からお話していきたいと思います。


まず今日は

①子どもが自分の思うように動いてくれない。

ということについてお話しようと思います。



はい、

子どもは親の言うとおりなんか動きません笑。

それが子どもってものなのです。

子どもにとって大人の事情なんてどうでもいいのです。

好きに行動したいだけなのです。



でもそれを頭でわかっていても

困ることは沢山ありますよね?



子どもが自分の思うように動いてくれない場合

なぜイライラするのか?

自分の胸に聞いてみることが大切です。




*急いでいる時に予定通りに動いてくれない

→余裕持って動いてくれるように時間や子どもの気持ちを

 能動的になるように考える。

→無理やり行動させるのではなく、

 一瞬遠回りになることでも子どもの気持ちをヒアリングする。

 (子どもは親の気を引こうとして無意識に反抗することがあります)




*自分の言うことを聞いてくれない

→自分の言うことを聞いてくれないことに

 ママ自身が自分の無力さや自己評価の低さにつながり

 自分でそうならないように必死で抵抗しているせいなのか自己確認する。

→幼少期に親に絶対服従の過程で育った場合は同じことを子どもに強要します。

 親と同じことを強要しようとしていないか自己確認する。




*期待通りになってくれない

例えば勉強しない

スポーツなど活発になって欲しいのにインドア派

積極的になって欲しいのに内向的だ

→子どもの個性を無視して自分の期待を押し付けていませんか?

 自分の期待通りにならなくてもその子はその子の素晴らしい個性が存在します。

 期待通りの子どもでないこと、

 こそが実は親のためだったりもします。

 その子を強制するのではなく、その子そのものを見るようにします。




いかがでしたでしょうか?


次回は2番目の理由からの対処法をお伝えしていきますね[るんるん]




18557223_10155313503691810_1454063315347198661_n.jpg




*****************

 興味ありましたらFacebookもご覧ください♪

☆mimiこと新崎香織のFacebookページ
(フィード購読歓迎いたします)

 *お友達申請の場合は「mimi blogを見た」
と一言メッセージいただけますと嬉しいです!

☆新崎香織公式blogはこちら

【kaori流楽しく美しく生きるコツ】
無料メルマガはこちらから⇒https://goo.gl/Uzt0pD

【LINE@お友達になりましょ(*´∀`)♪】
http://line.me/ti/p/%40kaoriarasaki
ID検索は「@kaoriarasaki」

nice!(2) 
共通テーマ:育児

子どもにイライラしてしまいませんか? [育児]



こんにちは。
mimiです。

久々の更新です。

私のクライアントさんで一番相談されるのが

「子どもについ、イライラして怒ってしまう」

ことです。


本当はイライラなんてしたくない

いつも笑顔のお母さんでいたい

でもつい、怒鳴ってしまう

時には感情が抑えられなくて爆発してしまう

感情が暴走すると止められない


そして後で激しく後悔する



私ってなんていけないママなのだろうと。

自分の未熟さに落ち込んでしまう



こんなことありませんか?



お母さんなら

一度ならず、何度もあると思います。


でも大丈夫!!



あなただけではありません!!!!



おそらく世界中の全てのお母さんが

この悩みを抱えていると思います。




はい、私もありました、、、、。




あなたが子どもにイライラして怒ってしまう原因は

大まかに3つあります。



①自分の思うように子どもがしてくれない

②小さい時に同じように母親に怒られた

③心から満足した人生を生きていない





どうやったらイライラしなくなるか

①から順に説明していきますね。



続く。。。。



*****************

 興味ありましたらFacebookもご覧ください♪

☆mimiこと新崎香織のFacebookページ
(フィード購読歓迎いたします)

 *お友達申請の場合は「mimi blogを見た」
と一言メッセージいただけますと嬉しいです!

☆新崎香織公式blogはこちら

【kaori流楽しく美しく生きるコツ】
無料メルマガはこちらから⇒https://goo.gl/Uzt0pD

【LINE@お友達になりましょ(*´∀`)♪】
http://line.me/ti/p/%40kaoriarasaki
ID検索は「@kaoriarasaki」

nice!(2) 
共通テーマ:育児