So-net無料ブログ作成

アンティーブへの旅 グルメ篇 [フランスの旅]

アンティーブといえば私の中ではマカロン由香ちゃん[揺れるハート]

毎年夏になるとアンティーブに家を借りて長期滞在するという
おしゃれバカンスを過ごす由香ちゃん。

そんなアンティーブマスターの由香ちゃんお勧めのレストランに行ってみた!

マカロン由香ちゃん曰く「テラス席ならお子様大丈夫かも[ぴかぴか(新しい)]?」
そんな言葉を心の拠りどころにしてなが~~い坂道をテオのバギーを押しながら、
ピロに「まぁ~~だぁ~~~??お腹空いたよ~!もう疲れたよぉ~~」と
プレッシャーを受けつつやっとたどり着きました!!

image-20131116021154.png
(これは食後のお店の写真です)

が!!!!

着いてみるとなんとテラス席は満席[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

かつ、例え席が空いたとしても怪獣連れで乱入するには
年配の品の良い紳士淑女ばかりであまりにもアダルトな雰囲気[たらーっ(汗)]

ど~~しよ~~~!
でもこの近辺にはカフェもないし、諦めて街中に戻ると言ったら
ピロは怒るだろうなぁ。。。。[ふらふら]

と思いつつダメ元で行ったらすんなりOK[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

やっぱり南仏の人は温かくて良いわ~[揺れるハート]

お天気が良かったのでみんなテラス席に集中しちゃって
こちらの更にアダルトな雰囲気の店内はガラガラ~~。

image-20131116021322.png

たまたまこのレストランへの道を聞いてきたアメリカ人カップルと話しながら来て、
そのカップルだけが店内だったので更に居心地UP[グッド(上向き矢印)][るんるん]

ところで、どう見てもフランス人には見えない私に道を聞いてきたってことは
ロコに見えたのかなぁ~~[ハートたち(複数ハート)]

さて、アミューズ。
とても美味しいけどうっかり手を出してしまうとこれでお腹いっぱいになっちゃうので我慢[あせあせ(飛び散る汗)]
本当は3個ずつあったけどお腹を空かせたお子達に瞬時に取られてしまった~。

image-20131116021220.png

窓からの景色です。
海が見えて(しかも日陰で・(笑))気持ちいい~~~[ぴかぴか(新しい)]

image-20131116021346.png

私が頼んだのはランチコース。
ものすご~~く大好きなスープ・ド・ポワッソン[るんるん]

具のないブイヤベースです。
このスープ・ド・ポワッソン。
南仏ではよくあるメニューなんだけど結構当たり外れが大きい。

昔マルセイユで食したスープはやたらと内臓臭くてとてもじゃないけど美味しいと言いきれなかった。
ニースでも美味しいお店は少ないらしく・・・、

でもでもどうしても食べてみたくってトライ!!

image-20131116024933.png

見るからに濃厚~~~[ぴかぴか(新しい)]

image-20131116021520.png

私の大好きなニンニク風味のルイユ~!(中央)
これを入れると更に風味が増して美味しいのです。

お味の方は期待以上!!
濃厚でまるでカニみそのようでして、しっかりとお魚の出汁が効いていて
かつちょっとピリ辛で絶品![キスマーク][ぴかぴか(新しい)]

生きてて良かった~~と思えるほど美味しかったなぁ。
しかもお代わりが付いていて美味しくて思わず全部お代わりしたら大皿に3杯分ありました^^;

もうこれでお腹いっぱい~。
辛いのにピロも美味しい美味しいと何度も飲んでました[手(チョキ)]

もうかなり満足なお腹の状態で来たのはドン!!
肉でございます。。。


image-20131116022016.png

美味しいんですけどね、これもかなりソースが濃厚で。。。。
私の胃が悲鳴をあげつつあります^^;

そしてデザート[揺れるハート]
とっても美味しいのだけどこれもガツンとくる甘さ!

image-20131116022117.png

ふぃ~~~と油断していたら子供達に全部食べられてしまいました[たらーっ(汗)]

私のコースは前菜、メイン、デザートついて34€。
ピロ用にお子様が食べられるものってなあに?と
聞いたら作ってくれたのがこちら。

白身魚を蒸したのとマッシュポテト。

前菜もデザートもないのでまあ12€くらいかしら?っておもっていたら・・・

image-20131116022452.png

なんと20€でした。

高っ!!!!\(◎o◎)/!

まあ美味しいけどこれなら私でも作れるぞ!

image-20131116022538.png

食べ終わったらミッキーさんが出てきてピロが喜んでいたのでいっか。。。。

でもこちらのマダムが2人の男の子のママだったので話が盛り上がり、
終始温かい感じでサービスしてくれたのでとても居心地の良いレストランでした。

ピカソ美術館も目の前だし、綺麗な海を一望できるしかなりお勧めです[揺れるハート]

Les vieux murs
住所: 25 Promenade Amiral de Grasse, 06600 Antibes, 
電話:+33 4 93 34 06 73


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント